相続についてこのような疑問はありませんか?

多くの方が、相続についての相談は税理士さんにするものと思われていませんか?
でも、こんな実態をご存知ですか?
日本での税理士登録者数は、約7万5千人。(国税庁平成27年統計資料より)
しかし、そのほとんどは個人事業の確定申告や企業の決算を中心におこなっている会計・経理業務を専門とする税理士さんなのです。
それに対し、相続の申告を専門としている税理士さんはごく少数で、一般の方が相続専門の税理士さんに出会う機会はほとんどないと言っていいでしょう。
また、「相続のことで税理士や弁護士、司法書士などの先生に相談したいけれど、どんな先生に相談していいかわからないし、士業の先生に相談すると費用も相当かかりそうで、専門知識がない自分が相談するには敷居が高い」と思われている方も多いようです。
そんなとき、まずは私たちキーストーンのFPにお気軽にご相談ください。
私たちは、相続の話をする際、極力専門用語は使わず、一般の方々にも理解しやすい平易な言葉を使い、ご相談内容の全体像をわかりやすく整理をさせていただきます。
そのうえで、それぞれの課題に対する対策をご相談者と一緒に考え、対策をするのに士業や不動産、金融機関の専門家が必要になれば、それぞれ弊社と提携している複数の提携先の中から、ご相談内容に応じた最適な専門家をご紹介させていただきます。
相続対策の相談については、士業の方々の費用負担を発生させること無く、弊社だけの相談で対策案の道筋が描ける場合が多いです。

ぜひお気軽に弊社キーストーンのFPにご相談ください。

相続専門FP集団キーストーンの信頼と実績

お客様の声

  • 兵庫県在住80代女性

    キーストーン代表取締役石野毅様

    今年も押しつまりました。
    ごぶさたしておりますが、お変わりございませんか、
    去年の暮より今年初めにかけ、大変お世話になりましてありがとうございました。
    四年前に主人が他界し再び独り身になりました。
    その頃から気がかりだった相続を、きれいに整理していただき、なおかつ孫たちの将来にまで、わたくしの思いを届けていただける数式にしてくださいました。孫たちも書類作りの段階で加わったせいか、お金のことを知り、少し大人になったと喜び、これまで以上の絆も深まりました。心なしか、おばあちゃんのカブも上がったようでございます。
    これも一重に先生のおかげで、今は感謝の気持ちでいっぱいでございます。ありがとうございました。
    実はここまでくるまでに・・・石野先生には、娘は「頼れる人」のタイコ判でしたが、わたくしは初めての人はすぐ信用できなくて(ごめんなさい)さっそく市の消費者センターに相談にゆきました。対応してくださった方もFP資格保持の方でした。FPのこと、キーストーンさんのことを調べたあと「大丈夫です」の一言を聞き、安心できました。こうしてしばらく疑いましたこと、ここに白状し、お許しくださいませ。
    今日もあちこちでたくさんの方へご講演やご相談でお忙しいことと存じます。わたくし同様の方も多くいらっしゃると思います。どうぞ助けてあげてくださいませ。お願いいたします。もちろん今後も引続き、わたくし娘夫婦とも種々ご相談にあがることと思います。その時もどうぞよろしくお願いいたします。
    お寒さも急ぎ出しました。お体には十分お気をつけてお元気に新年をお迎えくださいませ。
    お礼とおわび、大変遅くなりました。娘からもよろしくとの言づてがございました。
    師走十二日

  • 兵庫県在住40代自営業の男性

    石野さんとは母がお付き合いさせて頂いている会社が主催の相続税対策セミナーでお会いしました。相続税に関して母が苦労をしたというのを知ってはいたので、漠然とは何かしておいた方がいいのだろうとは思っていたものの、まだ先のことだろうと直視せずにいたのですが、私達子供が同じ思いをしない様にとの声で母と共に参加しました。
    紹介といえどもFPという肩書を具体的に私は理解していなかったので、失礼を承知で"どうしてこんな一等地に事務所を構えられるのですか?"とお尋ねした所、嫌な顔をせずにお答えされたのを覚えています。そうして面談を重ねて信頼も築かれ、今では母にとって相続税対策だけでなく、資産の管理・助言を頂ける貴重な存在になっています。
    相続税がどれだけになるのかを知るには現時点の保有資産を全て把握して算出しなければなりませんが、それら全体を資産内容別・円と外貨の比率・リスクの高低などの点から分析して助言をくださり、必要とあれば運用方法の組み換えを提案され、非常に助かります。
    また母が存命中に必要な資金をどうやって確保していくか、といったことにも目を行き届かせて、常に母にとって大事なことを念頭に置いてのアドバイス・姿勢には誠実さを感じ、信頼の源泉になっています。
    気軽に相談できて頼りになる石野さんとお会いでき、私どもは恵まれたご縁を頂いたと思っています。これからもよろしくお願いします。

  • 兵庫県在住80代女性

    相続・資産等の相談会に参加した時にキーストーンの石野さんに初めてお会いした。(後で偉い方だと分かったが)物腰が柔らかく、高齢者にもよく分かるような話し方であった。石野さんとはそれ以来のお付き合いである。
    自分の資産を他人にみせるということは、初めての経験で最初は嫌な気分であったが、夫が亡くなってから自分の資産一覧表を作っていたため、それを見せて色々アドバイスして頂いた。資産の一覧表を表やグラフにして頂き、バラバラであった資産が整理できてよかったと思っています。
    会社の方にも二度寄せて頂きましたが、(欲をいえばもっと梅田に近い方がありがたいですが)とてもよい感じであった。自分のライフプランについて今後ともよろしくお願いします。

  • お母様の相続対策の相談に来られた愛知県在住、40代自営業の男性

    相続に関して、何からどうやって対策してよいのか、悩んでおりました。証券も放置したまま、保険も見直した方がよいのかどうか、銀行や保険のセールスマンから見直しの提案も個別であったのですが、全体像が見えていない為、判断しようがないという状況でした。
    不動産を含めた今の資産状況がどうなっているのか。今後どのくらいの現金が必要なのか。税制が変わるのにこのままで大丈夫なんだろうかと不安でした。全部まとめて、お任せできて、保険、証券の見直し、着実な運用をしてくる所を探しておりました。
    預貯金、不動産、証券、今の支出と収入バランス、家族構成など現状分析、全体像を表やグラフで分かり易く、まとめていただき、資産の運用も安全な方法に変更してとても安心しております。何かあってもこちらに連絡すれば全体像を把握していただいているので、安心してご相談できるので心強いです。
    初めて訪問した際、スタッフの方々の第一声が明るく、事務所の雰囲気もよくて直ぐにリラックスできました。
    ありがとうございます。これからも頼りにしております。

  • 兵庫県在住70代女性

    相続対策の個別相談を受ける前は、どんな悩みをお持ちでしたか?

    以前主人が、亡くなりました時に、私なりに相続税はもちろんの事、病院の入院費用の捻出で大変な心配と苦労をしました。税金に関しては、本を読んだり、勉強会に参加したり、兄弟姉妹に相談したりしましたが、納得のいくものではありませんでした。私の全財産(わずかですが)を、オープンにするのに抵抗があったからです。本当に私達の家族に有利なものかどうか、また親族であるがゆえに色々と思惑が、交錯したりして、部分的には相談が可能でしたが、全体像がつかめず月日が経過しました。また今までの経験上、遺言書にも関心がありました。このような時に御社との出会いがあり、色々と相談にのって頂き感謝しています。

    個別相談をお受けいただき、どんな気づきがありましたか?

    お互いに信頼関係を持つことが出来、何事もオープンにできた事。これは、第三者の方で信頼関係が、うまれたからだと思います。何事も相談すれば、解決出来るという安心感が生まれ、ほっとしています。全体をまとめての見直しや着実な運用のアドバイスをして下さる事。

    今後、弊社に望まれるサービスがあればお答えください

    遺言書について???暗中模索ですが...。一応大体の目安がついてから、考えればいいのでしょうか???...。女性からの観点から全体像を見ることも必要かしら?

    弊社に対するメッセージをお願いします。

    私自身年を重ねるにしたがって、ご提案をいただき、考えて、納得して、決断するのに時間が、かかりますので、その点よろしくご了承ください。また私は、いつも、病気入院(預貯金の準備)、ホームの事が,頭の片隅にあります。が、人生も充分楽しんでおりますので、それなりの支出もあります。預貯金、不動産、有価証券、保険など収支のバランス、家族構成など全体を考慮して、資産運用のよりよきアドバイスを、またお願いします。それと同時に、私の死後、子供達が、仲良く、もめ事がないよう気をつけたいと思っています。

  • 兵庫県在住40代自営業の男性

    相続対策の個別相談を受ける前は、どんな悩みをお持ちでしたか?

    家を相続した後は処分して相続税を支払わなければならないものと思っていた。

    個別相談をお受けいただき、どんな気づきがありましたか?

    こちらの話をさえぎらず、とにかく聞いてもらえる。偉そうでなく、柔らかく話しやすい人柄。事務所の場所柄やスタッフも多く、たくさん経費かかるのに収入も大きい(顧客が多い)のだぁと思う反面、自分(キーストーン)のコミッションが入る様に仕向けられるのかなぁという不安・疑念。

    弊社に対するメッセージをお願いします。

    押し付けにならない様に気遣われているのは理解しておりますが、こうした方があなたにとって良いという時の助言はもっと強めに表現して頂けたら有難い。特に母に対して。

「相続対策」のご相談の流れ

step1.お客様状況のヒアリング(初回面談90分...無料)

まずは、お客様の現在の状況をお聞かせください。
ご家族構成、それぞれのご家族との関係、資産の状況、相続に際して特に気にかかること、将来への不安など、どんなことでも結構ですので、まずは想いのままにお話し下さい。お話のなかで適時私どもが質問をさせていただきます。その質問に答えていくなかから、漠然としていた問題がおぼろげながら見えてくると思います。
このステップで、弊社がお客様のお役に立てるかどうかを見極めて下さい。

step2.現状把握(家系一覧と財産状況の把握)

弊社所定の家系一覧(相続人特定と遺産分割の方向性をイメージするため)と財産一覧を作成し、現状の相続財産がどの程度あるのか、一覧にして全体像として捉えていただきます。
家系や財産の状況を一覧にすることで、相続対策の第一歩が始まります。
また、現状の財産を残して相続が発生したとき、相続税の課税対象となるのかならないのか、課税対象となった場合どれくらいの相続税額がかかるのか、大枠の試算をすることで現状把握をいたします。

step3.今後のライフプランについてのご相談

相続を考えるにあたって、ひとつの不安が今後の老後設計。配偶者を含めて(またはおひとりで)今後つつがなく余生をまっとうするためにどれくらいの資金が必要となるのか、とても気がかりな問題です。
年金その他の収入と支出がバランスして、現在の資産を取り崩さずに月々の生活が将来にわたってやっていけるか、病気や介護となった時に不時の支出がどれくらいかかるのか。
また、リタイアメント後を豊かに幸せに過ごすためにどんなライフスタイルを描くのか。
お客様の将来の夢や希望をお聞きしながら、必要に応じてファイナンシャルプランニングソフトを活用して、余裕を持った百歳までの人生を目安とした生涯の収支について検証いたします。

step4.現状の問題点の整理と課題の確認

相続を考えるにあたっての家族関係や財産状況、今後のライフプランニングなど全体像が把握できたら、今度はそこにどんな問題が潜んでおり、どのような対策を打つ必要があるのかを検討します。
この段階では、お客様と弊社の間で解決すべき課題のすり合わせをしていきますので、不安に感じていることや気にかかることがあれば、どんなことでもお申し出ください。
資金面での不安や誰にどのような形でご自身の財産や想いを引き継がせたい(もしくは引き継がせたくない)と考えているのか、その想いは家族すべてに合意してもらえそうなことなのかを率直にお聞かせください。

step5.解決すべき課題とそれぞれの対策案の検討・提案

相続対策は、ひとつの課題を解決すればそれで終わりというものではありません。複合的に絡み合ういくつかの問題を整理しながら、相続に関わる全体像を俯瞰し、重要かつ早急に着手すべき課題から対策案を検討し、実行計画を立てていきます。ちなみに相続を考えるにあたっての対策としては、主に次の3つポイントに集約されます。

争族対策 残された家族間で相続が争う族にならないために生前にやっておくべき対策は?
遺すべき財産や想いを誰にどのように引き継いでもらうのか?
節税対策 財産の評価の引き下げや財産自体を圧縮することで税額を抑える方法は?
相続財産の額が増えるほど税率が上がる累進税制に対する有効な対策は?
納税対策 相続発生から10ヶ月以内の納税期限内に納税資金をどのように準備するか?
以上の観点から、相続を考えていくと、具体的な対策案が浮き彫りになってきます。
例えば、遺言書の作成や生前贈与の検討、生命保険の活用、不動産対策、相続に関する優遇税制の有効活用など、状況に応じた対策を検討し、最終的に提案書として、お客様に提出いたします。

step6.具体的に立案した対策の実行支援

STEP5で検討したそれぞれの実行案について、その効果とリスクをお客様と確認しながら実行計画を立案し、計画にもとづいて実行支援をしてまいります。
弊社では相続に詳しい税理士・司法書士・弁護士・社会保険労務士や不動産コンサルタントなど各専門家と提携しており、それぞれの専門家と連携してお客様の相続対策の実行支援をおこなっております。
また、相続対策の解決策として、不動産や生命保険の有効活用、金融資産のポートフォリオの組み替えなどについても弊社にてご相談を承っております。
※各専門家への相談をご希望の場合は別途料金が必要となりますが、初回の面談は無料、以降の相談については、各専門家から見積書を提示してもらいますので、相談の可否はお客様にお決めいただきます。

step7.継続的なコンサルティングフォロー

相続対策は、実際に対策を開始してから相続が起こって相続の納税申告が終わるまで、時には税務調査が入った場合などを想定すると数年から数十年の長期にわたって考える必要がある問題です。
また、一次相続よりも相続対策は二次相続の方が遺産分割・納税で問題を抱えることが多く、二次相続が終わっても、次の世代の相続を考える必要が目先に迫っている場合が少なくありません。
弊社では、一度ご相談をいただいたお客様とは、家族ぐるみでのお付き合いとなることも多く、二世代三世代を通してのコンサルティングフォローをさせていただきたいと考えております。
まずは、弊社のお客様との長い信頼関係を大切にさせていただくスタンスをご理解のうえ、お気軽に初回の無料相談をお申込みください。
社員一同、あなた様のご連絡を心よりお待ち申し上げます。

相続対策コンサルティング料金について

STEP1 の初回面談(お客様状況のヒアリング)・・・90分無料

まずは、お客様の現在の状況をお聞かせください。
ご家族構成、それぞれのご家族との関係、資産の状況、相続に際して特に気にかかること、将来への不安など、どんなことでも結構ですので、まずは想いのままにお話し下さい。お話のなかで適時私どもが質問をさせていただきます。その質問に答えていくなかから、漠然としていた問題がおぼろげながら見えてくると思います。
このステップで、弊社がお客様のお役に立てるかどうかを見極めて下さい。

STEP2からSTEP5 までの一連の流れのコンサルティング料金

ご相談案件の相続税評価資産合計額2億円未満・・・5万円(税別)
ご相談案件の相続税評価資産合計額2億円以上・・・8万円(税別)
※相続税評価資産合計額とは、弊社所定の財産一覧表にて試算しました相続税評価額にもと
づく合計金額とし、おひとりもしくはご夫妻合計の別は問いません。

弊社では、コンサルティング契約締結時に着手金として2万円(税別)を頂戴し、STEP5の提案書を策定・提出した段階で残金を請求させていただきます。もし、提案書策定段階以前でコンサルティング契約を解除されたい場合は、残金の支払いは不要です。

なお、STEP6の具体的な実行段階に入ってからは、事案ごとに内容がかわってまいりますので、それぞれのケースに応じて弊社のコンサルティングをご希望の場合は、別途見積書を提示のうえ、コンサルティングを継続させていただきます。
また、実行段階にて各専門家との相談や各種相続手続き等をご希望の場合は、それぞれの専門家とお客様との間で直接契約締結ください。

相談FP紹介

石野 毅
代表取締役 ファイナンシャルプランナー 
出身地
兵庫県神戸市

主な資格・実績

  • ファイナンシャル・プランナー(日本FP協会認定AFP)
  • トータル・ライフ・コンサルタント(生命保険協会認定FP)
  • 日本証券業協会 二種外務員資格
  • FP-MG®(マネジメント・ゲーム)インストラクター(マネジメント・カレッジ(株)認定)
  • 後継者の軍師 認定コンサルタント
  • 1998~2015年度 MDRT終身資格会員(COT5回登録)

経歴

1997年3月
アパレル会社の営業を経て、ソニー生命のライフプランナーに転身、この仕事を天職と感じる。
2003年5月ソニー生命ライフプランナー職の最高位エグゼクティブライフプランナーに。
在職中すべての短期コンテスト、社長杯に上位入賞。2003年度04年度社長賞受賞。
2001年7月
経営者交流会組織「キーストーン倶楽部」を立ち上げ。
2005年5月
全国組織のFPグループ「キーストーンアライアンス」を立ち上げ、以降毎月勉強会を開催。2010年5月現在、アライアンスメンバーは北海道から沖縄まで30余名を数える。
2005年9月
ソニー生命を独立し、株式会社キーストーンを設立。代表取締役に就任。
生命保険に関しては、全国規模の保険代理店(株)ホロスプランニングに所属し、生命保険の取り扱いをおこなう。
2009年3月
大阪市北区豊崎の地にFPコンサルティング事務所開設を機に、FP事務所株式会社キーストーンFPコンサルタンツを設立。代表取締役に就任。
株式会社キーストーンは、キーストーン各組織の事務局機能を有するホールディングカンパニーに。
2014年9月
株式会社キーストーンにて保険代理店業務を開始

ご相談にあたって

私がお客様と相続についてのご相談をさせていただくにあたって、特に気にかけていることは、ご相談者の感情に寄り添って、本質的な不安や悩みがどこにあるかということをまずはしっかり受け止めることです。そもそも相続の問題というのは、親族間の気持ちが微妙にすれ違ったり、意見の食い違いで「争族」に発展する要素を多分に含んでいたりするものです。また、相続について日頃意識することがなかった人が、目の前に起こっている相続の問題をどのように解決していけばいいかについて考えようとしても、何から手をつけていいかがわからないものです。
そんなとき、私どもがまず初回面談でさせていただくことは、ご相談者の話をじっくり伺い、現状の課題がどこにあるのかということを明らかにしながら、それぞれの課題についての対策案をご相談者と一緒に考えていくことです。
具体的な対策にあたっては、①相続財産を誰にどのように分けるかという分割対策、②相続税をどれくらい低く抑えられる対策がとれるかという節税対策、③相続税の申告に際し、納税資金をどのように用意するかという納税資金対策を中心に、経験豊富なプロの視点でしっかりアドバイスをさせていただきます。
まずは、相続に関して、どんなことでも結構ですので、我々キーストーンにお気軽にご相談ください。初回面談は90分無料とさせていただいていますので。

木村 圭吾
ファイナンシャルプランナー
出身地
広島県世羅郡

主な資格・実績

  • ファイナンシャル・プランナー(日本FP協会認定AFP)
  • 日本商工会議所 簿記検定1級
  • 相続診断士

経歴

2001年
日本体育大学卒業後、関西を拠点にする飲食サービス業のFC運営を行う企業に11年勤務。
現場店長を経てマネージャーへ、副部長として損益管理を行う部署にて関西エリア35店舗の損益計算と現場オペレーション指導を担当 『サービス研修・原価管理研修・5S研修等』
2012年
保険会社営業を経験後、AFP取得を機に、ライフプラン相談・住宅ローン相談業務
2016年
(株)キーストーン入社

キーストーンでの仕事

主に個人のお客様の相談業務を担当
相続に関するご相談
相続セミナー講師
マネージメントゲーム研修の実施支援

ご相談にあたって

親が亡くなるなんて話は誰もしたくないのですが、その時は必ずやってきます。
「なかなか言えない」「でも心配」「親にはずっと元気でいてほしい」「でも人間はいつか亡くなってしまう」「どう伝えたらいいんだろう・・・」
引き継ぐ側のもどかしい気持ちを、数多く聞いてきました。準備をしっかりしていればこんなことにはならなかったのにと思うことがよく見受けられます。
 私は、相談者様の想いやお考えを本音のレベルでしっかりとお伺いするように気をつけています。資産をどのように分けるか、どうやって税金を圧縮するか、納税の資金を用意するにはどうすれば良いか。とても大事な事ではありますし、適切に解決策を設計しなければなりません。
 しかし最も大事にしなければならないのは相談者様のお気持ちです。物的な資産だけでなく、積み上げてきたその人の人生や想いを相続対策に活かし、表現したいと考えています。
 お客様との面談を終えた後に安堵の表情で「ありがとう」と声をかけられると、とても嬉しくなります。解決のポイントが分かりにくい相続問題。お客様にとって、は暗闇を手探りで行くようなもの。私共が共に伴走し、課題をひとつひとつ整理して差し上げる事で解決へ導きます。
 たくさん話してください、お気持ちをしっかり聞かせていただきます。
 相談に来て良かったと思っていただけるよう尽力いたします。

河村 あい子
ファイナンシャルプランナー
出身地
大阪府高槻市

主な資格・実績

  • ファイナンシャル・プランナー(日本FP協会認定AFP)
  • 相続診断士
  • 住宅ローンアドバイザー

経歴

2001年
高校卒業後、イギリス留学等を経て、広告会社へ就職。
2009年
リーマンショック後の荒れる金融業界に飛び込む。
外資系保険会社を経験後、ファイナンシャルプランナーとして独立。数多くのマネーセミナーを開催。
2016年
(株)キーストーン入社

キーストーンでの仕事

個人のお客様のライフプラン相談
法人サポート業務
営業サポート業務

ご相談にあたって

女性のお客様からは「しゃべりやすくて、なんでも話せる」と言って頂いています。
女性としてのお金に関する不安や悩み、結婚・離職・子育てに伴うライフプランの変化についても、気持ちを共有できるからかもしれません。
 私が相続に興味を持ったのは、曽祖父が亡くなった時です。相続税納税の為にいくつかの土地を手放したと聞きました。これ以上、家族の大事な資産を失ってしまわないようにと、独学で相続の勉強を始めたことが現在に至っています。
 勉強して分かったことは、相続の問題は『納税』だけではないということです。
現在は次の世代への相続対策として『争族』『節税』の対策が必要となっていますが、とくに『争族』対策が大変です。「なぜ仲の良かった家族・親族同士がお互いを憎むまでになってしまうのか?」と考えました。それは「わからない」という不安からくるものかな、と思うようになりました。つまり、相続発生によって自分たちが被る不利益や問題がわからないから、とりあえず「自己主張」して自分の利益確保しようするのではないでしょうか。
 相続対策をする上で一番はじめにすべきことは『状況把握』です。状況把握がきちんとできていると、問題点がはっきりして、話し合いの場を設けるきっかけができます。そうすれば、後は一つ一つ問題を解決していけば良いのです。
 ここはぜひ、プロである私たちにお任せくださいませ。
 いっしょに相続対策していきましょう!

会社概要

会社名 株式会社キーストーン
設立 2005年9月
資本金 1,000万円
事業内容
  • 保険代理店業務 取扱保険会社 生命保険会社12社
  • キーストーンF Pコンサルタンツ及びキーストーンアライアンスの事務・企画運営業務
  • 「キーストーン」「KEYSTONE」等に関わる商標権、意匠権、著作権、ブランド等の維持管理
    ※「キーストーン」「KEYSTONE」は商標登録をしております。
所在地
大阪オフィス
〒531-0072
大阪府大阪市北区豊崎3-9-7 いずみビル5F
TEL:06-4802-1139
FAX:06-4802-1141
URL:http://www.kanameishi.com
E-Mail:info@kanameishi.com
地図を表示する
東京オフィス
〒108-0074
東京都港区高輪3-25-22 高輪カネオビル5F
TEL:03-6277-4739
FAX:03-6459-3039
URL:http://www.kanameishi.com
E-Mail:info@kanameishi.com
地図を表示する

初回無料相談(90分)申込フォーム